なんでもブログ

このブログは日々のことを適当に書いていくゆるーいブログです。ニュースをみて気になったことなども毎日更新中です。

世界陸上ボルト途中棄権・・・・無念

世界中から愛されたウサイン・ボルト氏の最後の走りは途中棄権に終わったようです。

 

それは主催者側の不手際が原因でボルトのチームメイトは主催者にクレームを入れているようです。それはボルトが走る400mリレーの招集所で40分間も待たされたことに原因があるようです。

 

というのも、私たちレベルであればそこまで大きな負担や故障になることは少ないですが、世界で活躍するアスリートたちにとって40分も体を動かさなければ体が冷え切ってしまい、本来のパフォーマンスができなかったり今回のように途中で故障してしまうようです。

 

それほど、体を温めるウォーミングアップは重要なのです。

 

今回クレームになっているのは招集所で40分も待たせる必要がなかったことです。待たせている間、メダルの受け渡しなどがあり、リレーを走る選手たちを招集所で待たせている間にしていたことが問題になっているようです。

 

ボルト氏最後のレースではなんとして、金メダルをと思っていたチームメイトもボルト氏も無念の結果だと思います。

 

この結果を重く見てもっと選手のパフォーマンスを上げれるような大会のプランを立ててもらいたいですね。

 

ちなみに、今大会ボルト氏は200mは出走しておらず100mの決勝までいきましたが今回は3位だったようです・

 

レース後には「視力を尽くして走ったがこれが現実・・引き際ということさ」とコメントしたようだ、全盛期は9秒58という信じられないタイムをだしていたボルト氏は今回は9秒95と全盛期のような走りができなかったことに悔しさを感じているようです。

 

 

今後またボルト氏のような選手が現れることを楽しみにしています。

 

最後にボルト氏への気持ち

約10年間世界を楽しませてくれてありがとう。

 

あなたの素晴らしい走りは永遠に私たちの心に生きそして、陸上競技の素晴らしらをおしえてくれてありがとうございました。

 

そしておつかれさまです。

 

グーグル翻訳↓

 

Thank you for entertaining the world for about 10 years.

 

Your wonderful run will live forever in our hearts and thank you for telling me the wonders of the athletics.

 

And it is a great job.